あなたも実は猫背かも!?これも猫背です

最終更新: 4月15日


私としましては、猫背の子は穏やかで優しいイメージがあるのですが、まあそれは個人的な見解で、直した方がいいと思います。


猫背は若いうちは可愛らしい幼い雰囲気で通るのですが、皆さん想像してください。90歳のおばあちゃんがいたとします。

①背中が丸い90歳のおばあちゃん

②背中がまっすぐのおばあちゃん


さあ、皆さんどちらのおばあちゃんが、若々しく元気だと思いますか?



ほとんどの方が②背中のまっすぐなおばあちゃんだと思ったはずです。


また猫背は自身の無さそうな雰囲気や疲労感を他者に感じさせます

これは社会人にとって不利になってしまいます。




どうしょうか、猫背の解消をしたくなったでしょうか。


では皆さんが思い描く猫背はどんなものでしょうか?

おそらく





こんな感じですかね。

猫背をチェックするポイントは背中が丸まっているだけではありません


☑ストレートネック(スマホ首)

☑巻き肩(肩が前に出ている)

☑骨盤が後傾or前傾している(腰が後ろor前に倒れている)

☑膝曲がっている


という点をチェックしてください。

なので




こんなのも猫背といえます。

この姿勢はちょっと極端ですが

☑頭が前に出ている

☑肩が前に出ている (手の位置が前にある)

☑骨盤が前傾している(反り腰)




いくつかの組み合わせで猫背が出来上がっているのがご理解いただけたと思います。


さあ、あなたはいくつ当てはまりましたか?



正直1つでも当てはまると体が痛くなってきてしまう恐れがあるのでぜひ改善してほしいです。




なので1つでも当てはまった方は猫背対策のストレッチをやってみてください


お近くに頭からかかとまでぴったりつけられる壁はありますか?


背中をくっつけたなら以下を意識してください。


①肩が浮かないようにくっつける

②腰と壁のあいだになるべく隙間ががあかないようにする

③その時骨盤が縦になるようイメージして下さい



ここまでできたらストレッチです


両手をまっすぐ頭の上まで上げてください。



そのまま肘を曲げつつ、壁に手を添わせたまま下げていきます。



この動作を5~10回くりかえしてください。

また①~③までのポイントを守るようにしてください。



10回ストレッチ後。


上着を着てしまったのでちょっとわかりずらいかもしれませんが変化は見て取れます。


※痛みやしびれがでる方はすぐにやめてください。

  疾患がある方はかかりつけの先生にご相談の上行ってください




一日に数回繰り返して、自分の体に正しい姿勢を覚えさせていきましょう!




14回の閲覧