Q.こどもの整体はやっていますか


A.やっています




ただし、慎重な判断での施術が必要と考えます。

子供の体は大人と違い成長期の繊細な体です。大人と同じ判断や手法は影響が強いこともあるでしょう。


例えば子供足に多い偏平足ですが、小学校低学年までのうちは足裏に十分な筋肉がついていないために扁平足である場合があります。




筋肉が十分につく前ですから、筋肉をほぐそうとしたり、筋肉を形作ろうとしても悪影響と言うよりは無意味な場合があります。


ですが、姿勢の悪さによる成長の悪影響や頭痛など早めに改善させた方が良い場合もあります。

高学年になれば足にも筋肉がついてくるのですが、偏平足ですと歩行時の疲れやすさや痛みを感じる場合があります。

アキレス腱やひざ痛なども成長期にみられる痛みの一つです。成長痛と区別が難しいので不安な場合は整形外科の受診もおすすめします。


大事なお子様の体です。気になる状態の事は気軽にご相談下さい。


2回の閲覧