ジムじゃ痩せられない事実。ダイエットをするなら・・・

最終更新: 2019年10月26日



最近ジムの施設が増えましたね。そしてジムへ登録する方も多くなった気がします。

運動は健康にもメンタルにもいいので、ぜひともやった方がいいのですが、カロリー消費という面には効果はあまり期待できなさそう。


ジムに通っている3割の方のジムでの消費カロリーは平均して300キロカロリー程度らしいのです。

なぜなら有酸素運動も筋トレも、消費カロリーはあまり多くないからです。


で、最近の常識となりつつあるのが「ニート₍NEAT₎」です。

日常生活で消費できるカロリーのことです。


ひきこもり₍NEET₎でもNEATでやせられる!!

なんて、そんな素敵な話です。


NEAT/二ートは日常生活の動作、洗濯物や掃除でカロリーは消費されますよ、という事です。

なんと運動をしなくてもスリムな体系をキープできる方はニートの消費カロリーが2,000カロリーもある場合があるそうです。



日常生活でたくさん動けるかがキモです。

ジムに行く時間を家事に。

お金も時間も浮いて一石二鳥ですね。




そんなニートの消費活動をより効果的に発揮するためには、多くの筋肉を動かすことが大事で、疲れにくい体を作るにはバランスの良い筋肉を体につけることが大事です。


体の強化すべき筋肉を分析し、ホームトレーニングを頑張りたい方は→姿勢分析


サクッとベストな体づくり。ついでにたるんだ体もなんとかしたいという方→整体の楽心身メソッド®

長時間立っていると足とか体が痛くなるんであんまり動きたくないという方は→集中整体






15回の閲覧